2.2016年度オーストラリア学会特別講演・シンポジウム・特別企画概要

特別講演

Indigenous Australia in the British Museum:Things, people and histories in transit

Dr. Maria Nugent
2015-16 Visiting Professor of Australian Studies, University of Tokyo
Australian Centre for Indigenous History, School of History, RSSS
ANU College of Arts and Social Sciences, The Australian National University

Last year, the British Museum in London staged a landmark exhibition, Indigenous Australia: Enduring Civilisation. The exhibition presented the deep history of Indigenous Australia through the Museum’s extensive collections of Aboriginal and Torres Strait Islander objects complemented by some contemporary artworks. Ongoing sensitivities about the ways in which the Museum’s collections were acquired during the colonial period contributed to repeated calls for the return of certain items. Other Indigenous spokespeople took a different view. They stressed the value of museum collections for recuperating diverse histories of Indigenous people, including earlier visionary engagements with Britain and the world. This paper uses the exhibition and the issues it raised to reflect more broadly on things, people and histories in transit.

シンポジウムⅠ

「オーストラリアにおけるツーリズムの諸相:アイデンティティの表現と文化交流をめぐる可能性と課題」

多くの先進国で経済活動の中心が農業・工業からサービス業に移行するのに伴い、ツーリズム(観光)はオーストラリアにおいて重要な産業として成長・拡大し、多様化してきた。このようなオーストラリアのツーリズムの中で、本シンポジウムでは、民族性やセクシュアリティ、環境イデオロギーに根ざしたアイデンティティや文化と関わるツーリズムに焦点を当てる。このようなアイデンティティや文化がツーリズムにおいてどのように表現されるのか、そして、異なるアイデンティティや文化を持つ人々の間でのツーリズムを通じた交流は、これらの人々の相互理解を促しうるのか。その可能性と課題について、オーストラリアから先住民ツーリズム研究の第一人者であるフレヤ・ヒギンズ゠ディスビオルス博士を迎え、ツーリズム研究を専門とする報告者・討論者とともに、考察・検討する。

シンポジウムⅡ

「境界」を越える人びと:豪北部海域における人の移動と境界管理

東南アジアとオセアニアをつなぐ豪北部の海域は、豊かな漁場であり、交易のルートであり、人びとが行き交う場であった。ナマコをめぐるマカサンとアボリジニの交易や、真珠貝漁における日本人ダイバーの活躍など、アジア系の人びとの越境移動は、オーストラリア史の一幕として良く知られる。他方、アジア系契約労働者の入国管理や日本船のアラフラ出漁、近年のいわゆる「ボートピープル」問題やインドネシア漁民による不法操業取締など、オーストラリアにとって当該海域は「不法侵入」を阻止する場であり、この地域での境界管理は重要な政治課題として認識されてきた。
本シンポジウムでは、移動する側の観点から「境界」を捉え直し、豪北部海域を分断する「境界」の様態を歴史的・複眼的に考察するとともに、それらの移動がしばしば「非合法な越境」に転化される過程を実証的に描き出す。また、本シンポジウムの報告者・討論者はオーストラリア研究者とインドネシア研究者から構成され、地域研究としての「オーストラリア研究」の相対化を試みるものである。

特別企画1

「父、藤井富太郎に見る、オーストラリアと日本とのかかわり:『最後の真珠貝ダイバー 藤井富太郎』の出版にあたって」

本企画は、『最後の真珠貝ダイバー 藤井富太郎』(青木麻衣子・松本博之・伊井義人共訳)の出版にあたり、オーストラリア・木曜島から、原著者であるリンダ・マイリー(Ms Linda Miley)さん、および本書の主人公である藤井富太郎氏のご家族をお招きし、トレス海峡における真珠貝産業の歴史やそのなかでの日本人とのかかわりを、個人の思い出を交えつつ紹介する。藤井富太郎氏は、戦前戦後に木曜島を舞台に真珠貝ダイバーとして活躍し、晩年は、同地で若くして亡くなった700以上の日本人の墓を管理するなど、常に日本とのかかわりを持ち続けてきた。その功績から、1978年には、勲六等瑞宝単光賞を授与されている。また、司馬遼太郎『木曜島の夜会』にも、主人公「藤井富三郎」として登場する。本企画では、富太郎氏の長男アキラさん、長女タマヨさん、次女チオミさんら家族から、富太郎氏との思い出や日本とのかかわりをお話いただく。

 

特別企画2

写真展「村上安吉(1880–1944)のライフストーリー:濠洲から郷里和歌山の母に送った写真をとおして」

戦前オーストラリアに移民した村上安吉のライフストーリーを、村上の三女、南ヤス子氏が所蔵する未公開写真コレクションを中心に、各種資料、証言映像を添えて紹介する。
村上は、串本町田並生まれ、1910年あたりからブルーム、ダーウィンで、日本人コミュニティのリーダー(日本人会会長)として活躍した人で、堪能な英語と温和な性格から、現地では「あらゆる人種と友好的につきあえる人物」と称された。また、営業写真師、潜水システムの発明家、ベンチャー企業家(養殖真珠)といった多彩な顔をもち、今日、ANUの“Australian Dictionary of Biography” に記載されている数少ない日本人のひとりである。
1944年、敵性外国人として抑留されていたタツラ収容所で病死。不運な時代に翻弄され、その業績が報われることなく、和歌山でもほとんど語られてこなかった村上安吉のことを、本展をとおして少しでも多くの方に知ってもらいたいと願っている。

 


Keynote speech

Indigenous Australia in the British Museum:Things, people and histories in transit

Dr. Maria Nugent
Visiting Professor of Australian Studies 2015-16, University of Tokyo, and
Research Fellow of Australian Centre for Indigenous History, School of History, RSSS
ANU College of Arts and Social Sciences, The Australian National University

Last year, the British Museum in London staged a landmark exhibition, Indigenous Australia: Enduring Civilisation. The exhibition presented the deep history of Indigenous Australia through the Museum’s extensive collections of Aboriginal and Torres Strait Islander objects complemented by some contemporary artworks. Ongoing sensitivities about the ways in which the Museum’s collections were acquired during the colonial period contributed to repeated calls for the return of certain items. Other Indigenous spokespeople took a different view. They stressed the value of museum collections for recuperating diverse histories of Indigenous people, including earlier visionary engagements with Britain and the world. This paper uses the exhibition and the issues it raised to reflect more broadly on things, people and histories in transit.

 

Panel Discussion I: Tourism in Australia from a cross-cultural perspective

Tourism has been regarded as an important industry in Australia in the post-industrial era and has diversified alongside changes in the desired styles of travel. This panel focuses on the current tourism relating to identities and cultures based on ethnicity, sexuality, and environmental ideology.

With Dr. Freya Higgins, a distinguished scholar in the field of indigenous tourism in Australia, invited to this panel, we will explore how such identities and cultures are represented in Australian tourism and whether cross-cultural communication through tourism would help deepen understanding of other identities and cultures. We will also discuss the potential and limitations of the role of tourism in promoting understanding among people from different identities and cultural backgrounds.

 

Panel Discussion II: Trans-border migrations and border management across the Arafura Sea Region

Border control of Australia’s northern waters has been a serious political issue. The panel analyses the cross-border movements of people in the region from historical and transregional perspectives.

Speakers specialized in the fields of Australian studies and Indonesian studies will present papers with a special focus on Japanese pearl divers and indentured workers, Indonesian fishermen, and ‘boat people’. The panel will also identify various border management systems in the region by looking into how the ‘borders’ were institutionalized and how their management affected livelihood activities and migrations.

Focusing on trans-border activities, we would like to shed light on ‘borders’ from the perspective of people’s livelihood and to reassess the relevance of their controls. We believe the panel will provide a new approach to Australian studies with the framework of border studies.

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中